KITAZAWA
   since1955


    化学の力で未来を創造する

    北沢薬品株式会社


カイシャアンナイジギョウガイヨウキカクショウヒンサイヨウジョウホウ
■ 沿革 ■
1955年(昭和30年) 北沢六郎が北沢薬品株式会社を設立。資本金100万円。
化学工業薬品の専門商社として、無機薬品販売を中心に事業拡大する。
1963年(昭和38年) ヘンケル白水(現ヘンケルジャパン)の代理店となる。「P3洗浄剤」の販売開始。
1967年(昭和42年) ダウケミカルの代理店となる。「クロロセン」販売開始。
1972年(昭和47年) 初の自社商品 精密部品用剥離剤 “キタクリーン (現 MAKクリーン)” 販売開始。
1973年(昭和48年) シャープの代理店となる。超音波洗浄システムを販売開始。
1975年(昭和50年) 「クロロセン」国産化に伴い、旭ダウの代理店となる。
1980年(昭和55年) 受託製造の拠点として青化工業株式会社(現 株式会社ハセオ)と業務提携。
1983年(昭和58年) 旭ダウが旭化成に吸収され、旭化成との取引に移行する。
1984年(昭和59年) ダイキン工業の代理店となる。「ダイフロン」販売開始。
1986年(昭和61年) 自社商品 スクリーン版用洗浄剤 “MAKシリーズ” 販売開始。
1988年(昭和63年) 東ソーの代理店となる。
1990年(平成 2年) 北沢六郎が会長に就任。北沢 武が社長に就任。 増資により資本金を2,400万円となる。
1993年(平成 5年) 信越化学工業の代理店となる。「ソリーナ」販売開始。
1998年(平成10年) 日鉱石油化学(現 ENEOSサンエナジー)の代理店となる。
1999年(平成11年) 北沢六郎が会長を退任。
2002年(平成14年) アルコール一般販売事業許可取得。宝酒造、日本アルコール販売の代理店となる。「発酵アルコール」販売開始。
日本ソルベイの代理店となる。「ソルカン365mfc」販売開始。
2006年(平成18年) 三菱化学の代理店となる。
2007年(平成19年) 環境省環境活動評価プログラム 「エコアクション21」認証登録。
2013年(平成25年) 本社事務所を北沢ビル9階から同ビル7階に移転。
2015年(平成27年) 自社商品 高機能表面処理剤 “MAKコート” 発売開始。
セントラル硝子製 フッ素洗浄剤「1233Z」販売開始。
2016年(平成28年) ナスクリエート製 マルチクリーナー「560クリーナー」販売開始。
クリンビー製 フッ素系洗浄機「FISTA」販売開始。
2017年(平成29年) エコアクション21」 平成28年度 認証・登録10年継続記念感謝状 拝受。
Copyright(C)2005 KITAZAWA YAKUHIN CORPORATION All RightsReserved.